目的別・料理教室ナビ

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > 料理教室と専門学校の違い
料理教室と専門学校の違い

料理教室は専門学校と違い、多くの場合が「実習を通した調理方法を学ぶ」と言うのが基本スタイルです。
受講時間が限られていると言う事もありますが、基本レシピを参考に少数班に分かれて実際に調理を進め、料理を完成させると言う流れがほとんどで、特に難しい勉強などがあるわけではありません。

料理の専門学校の場合は、「料理の世界で働く」ための技術や知識を勉強するための学校となるため、長時間にわたって料理について学ぶいうことから、料理全般として専門性の高い知識を得ることが出来ます。

どちらが優れているかというのではなく、そもそものニーズが違うので比較は出来ませんが、料理教室の場合は門戸が広く、受講料も決して高額でもなく、誰でも参加できることや、家庭で出す料理の勉強と言う色合いが強いことから、料理を勉強する敷居は低くなっています。

その性質から、資格取得のための知識などはほとんど勉強することはありません。
あくまで、「実習」からレシピの完成と言う流れを重視しています。
テストのようなものも無く、それぞれのレベルに合わせた料理や調理法を習得することが出来ます。

料理教室は気軽に参加しやすいため、最近では老若男女問わず、様々な年齢層の方が参加しています。
料理のための特殊な技能などを覚えることはちょっと難しいかもしれませんが、料理を作る上で必要な流れや、参考レシピを通して理解できるようになる調理方法などを習得するには非常に入りやすく、楽しく料理の勉強に取り組むことが出来ます。

関連エントリー
Copyright © 2009 目的別・料理教室ナビ . All rights reserved